二期ものがたり。

三つの椅子 少ないもので 暮らすことの ゆたかさ、 そのために、 私たちは、 森の生活と、 三つの椅子を 用意しました。 一つは、孤独のため 一つは、友情のため 一つは、社交のため そして、もう一つ、 たいせつなこと。 静けさがあります。

横沢の森との出会い

横沢の地に流れる、ふたつの川。その川の交わる地に育まれた豊かな森と北山ひとみとの出会いが、二期倶楽部のはじまりでした。美しい自然に魅せられ、自然と一体となったくつろぎの場所を着想。やがてこの地で、わずか6室の小さなホテルをはじめます。自然と、ひとりの人間の深い想い。これが、二期倶楽部の礎となっています。

photo1

良質なものだけを

敷地内のキッチンガーデンで採れた新鮮な食材に舌鼓を打ち、大谷石と赤松で作られた部屋でくつろぐ。食事のひとくちから建物に至るまで、私たちは素材をひとつひとつ吟味し、本当に納得できるものだけを厳選しています。自然の中で、良質なものに囲まれて過ごす。そんなシンプルな贅沢が、二期倶楽部にはあります。

自然によりそう森の生活

4万2000坪の広大な敷地の中にあるのは、長い時間をかけて育まれてきた、豊かな自然。そこには、生き物たちとの思いがけない出会いや、驚きに満ちた発見、そしてひとり静寂に浸るゆったりとした時の流れがあります。自然の叡智に触れ、またあるときは心と体をゆっくりと癒す。私たちは、時に、都会での暮らしを離れ、森の中で自然に還ることも必要ではないでしょうか。

一期一会のおもてなし

森の静けさを邪魔することなく、しかし、あるべきときに、あるべきものがある。別荘のように肩の力を抜いて過ごせる心地よさがある。そんなおもてなしのために、私たちは日々、振る舞いを、知識を、そして感性を磨いています。お客様との一期一会の出会いが、やがて「二会」に、そして「三会」に。第二の故郷として、生涯にわたるお付き合いを願って。

創造という名の川

創設当初から芸術や文化に深く共感し、真摯に取り組んできた二期倶楽部。自然と一体化し、創造に没頭できるこの地には、世界中から多くの思想家、芸術家が訪れます。それは、この地に脈々と流れる創造の川に浸るため。あるいは、この地に創造の足跡を残すためかもしれません。

photo2

創業30周年を迎えて

メインストリートから脇にそれた美しい谷間の村ともいえる横沢の地で、わずか6 室からスタートした二期倶楽部は、本館、東館、観季館、石舞台と、アートコロニーとして30年の時を少しずつ重ねてきました。二期倶楽部の思想は、アートビオトープ那須の延長に新しく誕生する「ボタニカルファームガーデン アートビオトープ」をはじめ、これからもますます広がっていきます。

▲ ページTOPへ